成年後見事業

○「成年後見制度」とは

① 「最後まで自分らしく生きたい」と願う人を応援する仕組みのひとつとして制度化されました。seinen_4
  介護保険とは車の両輪で、未成年後見に対して成年後見があります。

② 高齢や障害により判断力の不十分な方々を保護し支援するのが成年後見制度です。
  例えば、

◎不動産や預貯金などの財産管理seinen_2
◎身の回りの世話のために介護などのサービスや施設への入所の契約
◎悪徳商法の被害など自分に不利益な高額な契約の取り消しなど。
(日常の買い物などは 除く)

③ 成年後見制度には、後見人の選任を家庭裁判所が行う「法定後見」と、
  本人があらかじめ契約によって後見人の決定を行う「任意後見」があります。

 

○成年後見制度≪3つの理念≫

① ノーマライゼーション

認知症の高齢者・障害者だからといって特別扱いせず、今までと同じような生活をさせようとする考え方。

② 自己決定権の尊重

本人の自己決定を尊重しようという考え方

③ 現有能力の活用

本人がもっている能力を最大限引出し、活用するべきという考え方。

 

○「血縁」による支援から「若葉台地域の縁」による支えに

▶ NPO法人若葉台では、認知症や障害をもつ家族の方の『後見相談』を無料で行っております。
  後見申し立ての事務手続き及びその支援は原則として有料です。

▶ 当法人では、将来に不安がある方や、日ごろの見守りを希望する方とご自身で判断できるうちに、
  原則としてご本人と『見守り契約 確認書』(別紙)を結び支援することができます。
  このことは、『法定後見』が必要になった場合の事前準備にもなります。

▶ 当法人の趣旨に賛同し地縁による支援を求め、当法人の法人後見を希望する方には
  当法人が『法定後見』の候補者になります。

 

○当法人が目指す成年後見事業

障害児者や高齢者が、地域で尊厳ある暮らしを続けられるようにするには様々な支えあう仕組みが必要になります。
障害者の居場所づくり研究会のテーマの一つに「親亡き後の障害児者をどう支援するか」があります。
地域がその役割を担うためには、地域の人的資源を最大限結集し、その人にあった生活支援や財産管理を
継続してサポートすることが必要との思いから「NPO法人若葉台」を設立し、成年後見事業を始めることにしました。

 

年老いても、障害があっても、
この地域で安心して生活できる、
地域の支えあいの仕組みつくりを目指します!

seinen_3『おかあさん、最近お金の管理ができてないみたい
・・・認知症かしら?』

『障害のあるわが子、、、
私たちがいなくなったらこの子はどうなるの?』

 

▷ ▷ ▷ まずはお電話ください!

【連絡先】
045‐744‐7811 地域交流サロン ふれあいにし(NPO法人若葉台事務局内)
045‐921‐5550 ふれあいわかば(商店街内)

下記4団体のご協力・ご指導をいただいてます。

① 若葉台ケアプラザ・地域包括支援センター
② 旭区社会福祉協議会
③ 横浜市社会福祉協議会・横浜生活あんしんセンター
④ 若葉台地区社会福祉協議会

Top